5月7日は博士の日?

5月7日は博士の日だったとは全然知りませんでした。
 
こんな日が設定されていたとは。
5月7日に設定されたと言うことは何か語呂合わせがあるんですかね。
 
博士に大博士という称号があったというのも初耳。
明治時代だったそうな。
 
さすが、小博士という称号はなかったんですね。
大博士という称号は結局授与されることはなかったそうですが・・・
 
色々考えるものですね。
でも、小博士という称号があったとしても、何かありがたみがないような称号なので、
大博士だったのでしょうね。
 
明治時代の気質が分かるような気がします。
 
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。