亀田親子問題未だ冷めやらず?!

亀田親子問題がまだ冷めないようですね。長男の興毅選手がメキシコ旅行で、
早くも批判が巻き起こっているようです。

この前のお詫び会見を活かすためには、もう少し考えた行動がよかったのかも
知れませんね。少なくとも、協栄ジムでの練習を始めてからの方がよかったでしょう。

ボクシング人気が落ちている今、余程の改革をしないとこのまま凋落すると思います。
今回の世界戦は中継にも問題があったことは明らかです。品行方正のイメージが
強かったTBSがどうしてあんなにも亀田びいきをしたのでしょうか?

アナウンサーの実況も完全に亀田よりだったので、視聴者の反発を買ってしましま下。
亀田ファンだった人たちも今回の大毅選手の反則で、アンチ亀田ファンになったかも・・・

ボクシングファンは知っていました。公正・公平であるべきことを。TBSともあろうメディアが
そんなこともわからなかったとは・・・嘆きです。

亀田兄妹はまだ若い、本当に悔い改めて出直して欲しいとおもいますが・・・
謙遜すること、相手を敬うこと、先ずは人間としてあるべき姿をおしえてもらい、
再度、カムバックすることを期待したいものです。

それにしても、メキシコ旅行でまた批判噴出で、本当に悔い改め田のかどうか?
まだまだ尾を引きそうですね。

北京五輪 野球アジア枠

北京五輪の野球アジア枠はいくつか?
てっきり3つ位を思っていたが、正解はひとつ。
 
開催国kの中国は当然参加の除外で。
知らなかった人が多いのではないだろうか?
 
1枠となるとかなりの激戦になる。
もっとも、野球を取り入れている国が少ないから、
最終的には韓国位とのしょうぶになるか?
 
野球もオリムピックの正式競技となるのは最後かも知れない。
 
日本チームの第一次メンバーが60人決まったが、
最終的には秋口に30人に絞られるという。
 
星野ジャパンが長島ジャパンを超えられるか?
星野さんとしても長島さんとの確執枯らしてみても、
何としてでも金メダルに輝きたいところだろう。

スポーツの特待生制度!

裏金問題などで今、スポーツの特待生制度が話題になっている。
 
特待生制度とは能力はあるが、学力、学費等がないため、
その人のスポーツ能力を見越して、特別待遇することだろう。
 
しかし、この制度自体が招いたのが今回の裏金問題であり、
高校野球では全国から、さらには海外から選手を特待生制度で入学させ、
強化する。
 
今の全国高校野球はこんな特待生制度で選手を強化して、
勝ち上がってくる高校が殆どである。
 
昔ほど盛り上がらない。
たまに、地元選手ばかりの高校が勝ち上がるとやんやの喝采を浴びる。
 
特待生制度。
なくすべきである。

競馬 皐月賞で勝つ馬は?

皐月賞がもうすぐ。
わくわくしているファンも多いことだろう。
 
今年は目玉になる馬がいるか?
昨年までと比べ超人気馬がいない。
 
騎手もどうか?
騎手によってその馬の活躍は全然違う。
 
かつての名騎手、武豊氏のような。
皐月賞を制する馬の条件。
 
それは速いということ。

 
皐月賞で勝利をゲットする方法です。
 
   ↓  ↓
 

  http://fm7.biz/1z6t
 
 

松坂に軍配が上がりそう!!

今日のイチローの成績は3三振。
 
松坂を前にしての結果だった。
これにはショック。
 
初対面は松坂有利で、2回目からイチローに分があると思っていたが、
何かやばそう。
 
今期のイチローの成績を予感させるような3三振。
これまで同じ投手から1試合で3三振なんてなかった。
 
松坂裕利か?

大学での学業とスポーツ両立 まず無理!

大学での学業とスポーツの両立は可能か?
 
これはプロになる予定で大学でスポーツをすると捉えてのアンケートだと思う。
 
実際、現状ではどうか?
大学入学もスポーツ枠というのがあるらしい。
 
このスポーツ枠で入学した人は殆どがスポーツのみで
大学を過ごすのではないか?
 
野球でも有名選手の学業はどうだったか聞いたことがない。
 
プロを目指したスポーツならば、学業とは両立しないと思う。
 
 

大相撲八百長 長引く!

大相撲八百長訴訟 講談社 記事に自信ありと全面的に争う?
 
八百長問題は週刊現代が何年も前から扱っていたと思う。
協会も強気のようだが、分が悪いのでは?
 
プロ野球の裏金問題といい、大相撲の八百長問題といい、
日本のプロスポーツの最大の危機と言ってよい。
 
どうなるか。


週刊現代は一貫して八百長を指摘してきた。
それなりの確実な情報を入手しているのではないだろうか?

 
それにしても長引く八百長問題!

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。